So-net無料ブログ作成
検索選択
日々と音楽 ブログトップ
前の10件 | -

アレサ・フランクリン。 [日々と音楽]

どうも、wataです。今日は久々の音楽ネタで。


 
youtubeでアレサ・フランクリンをあれこれ聞いてたら見つけました。

1986年のPVなようで。Rolling Stones の Jumpin' Jack Flash のカバーですな。

ウーピィ・ゴールドバーグが頭からでてきますが。

ヤバい奴に追っかけられたウーピィが逃げ込んだ先が アレサとStonesのキースとロン・ウッドの

レコーディングスタジオだったって設定のようです。

そんでもって始まった曲がこの 「Jumpin' Jack Flash」だったというストーリー。

レイジーなテンポとアレサのボーカルがたまりませんよ。

それにしてもキース・リチャーズとロン・ウッド、そこにいるだけで場が100倍くらい豪勢になるから流石です。

格好いいったらありません。やはり80年代のこの人らは油乗りまくりです。

 



キレてる。 [日々と音楽]

どうも、wataです。

キレてるっていっても、怒ってるわけではないですよ。



キレてるのはマルコム・ヤングのギターです。曲頭、茶色のグレッチ(たぶん)で

リフ弾いてるのがマルコムですな。スクールボーイの出で立ちで

ギブソン・SG弾きまくってるのが弟のアンガス・ヤング。

「悪事と地獄」ってアルバムに入ってたナンバーでJailbreak。

なんといってもマルコムのリフがキレキレです。

アラフィフおやじになって聞いても乗ってしまいますよ。いい音してるなぁ。  


はまったキッカケ。 [日々と音楽]

どうも、wataです。

220px-ACDC-Hughes-long_ago.jpg
(webより)

年甲斐も無く、大好きなバンド AC/DC。

はまったのは18歳のとき。まだ、ボーカルがこの写真のBon Scottの時代です。

当時はPVなんて見る手段なんかなくて、 音楽雑誌の「ロッキンf」や「Player」で

掲載されてた記事や写真が頼りな時代。 先にはまっていた友達がいて

そいつの家で聞かせてもらったのが最初です。

初めて聞いたのは「HIGHWAY  TO HELL」 っていうアルバム。

持って行ったカセットテープに録音してもらい、家に帰ってからもズっと聞いてました。

そして、自分ではじめて買ったAC/DCのアルバムは「T.N.T.」っていうタイトルのやつ。

一曲目のこの曲がまた、かっこよくて。



YOUTUBEでこのPVを見つけたときはもう、いいオヤジになってましたが

はじめてこの曲のレコードをターンテーブルにのせ、針を落としたときのことを思い出しましたな。

それにしても、曲頭のマルコム・ヤングのギターリフがキレキレです。

そんな彼も認知症を発症し、もう、バンドを脱退してしまいましたが・・・。

時の流れは切ないですなぁ。 


やはり、このひとは。 [日々と音楽]

どうも、wataです。

やはり、この人はすげえな、と最近よく思います。

亡くなってしまったから余計にそうおもうのかもですが。 




そう、BB・KING御大です。このライブ、彼の49歳・油の乗り切った感じが最高ですな。

晩年とくらべると驚くほど手数の多いエモーショナルなギターフレーズが泣かせてくれます。

もちろん、歌もエクセレントです。聞き惚れちゃいますね。

ちょっと前までは、クラプトン達とjamってる最晩年の頃の映像をよく見てたんですが

ここ最近は、若くてパワフルなBB・KINGにはまってます。

ちなみに、バックで335弾いてる長髪の白人ギタリストは若いときのラリー・カールトンですな。


やはり、良い。 [日々と音楽]

どうも、wataです。

160215bg01.jpg
Panasonic DMC-SZ10 ±0EV ちょいボカシエフェクト。


仕事に追われていたせいか、気分転換する気にさえなれない日が続いてまして。

ただひたすら家でゴロゴロしているだけで休日の大半の時間を過ごしていたという・・・。

続きを読む


Glenn Frey。 [日々と音楽]

どうも、wataです。

160122bg.jpg
(webより)

 

世の中がSMAPの解散騒動やベッキーちゃんの話題でワサワサしている中

この人、 Glenn Freyさんが1月18日に亡くなってしまわれました。

年明け早々から仕事に追われ、残業ゴハン休憩時にスマホのyahooニュースを見てしばし呆然。

特別入れ込んでいた訳ではないのだけれど、その歌声が高校時代からなぜか心地よくて大好きでした。

日々の諸々ある中で、イヤなことがあったときもウキウキすることがあったりしても

そんなときはいつも彼が歌うこの曲を聞いてました。



亡くなった人に Take It Easy なんていうのも申し訳ないけれど

本当にこの曲にはいつも背中を押してもらいました。

ご冥福をお祈りします。 

 

 


解放された。 [日々と音楽]

151113bg1.jpg
D90 50mmF1.4D F16AE

 

どうも、wataです。

昨日は午前2時、今日は21時過ぎでしたが。 

続きを読む


You Gotta Move だね。 [日々と音楽]

P1000696.jpg
Panasonic DMC-SZ10 -1/3EV 紅葉から垣間見る妙義山。
コンデジくん大活躍。

 
どうも、wataです。 

おかげさまで、ブログを始めてもうじき4ヶ月になります。 

続きを読む


いい時代。 [日々と音楽]

img172e.jpg
F100 50mmF1.4D F8 AE  SUPERGOLD400
撮って出しのscan画像ですけど空の色が転んでる。

 

どうも、wataです。

最近よく音楽聞くんですよ。
ええ、若い頃よりも。

続きを読む


乾いたときは・・。 [日々と音楽]

img058.jpg
F100 50mmF1.4D f2.0AE SUPERGOLD400

どうも、wataです。

今は週末、もうじき日付がかわる金曜日の11時過ぎです。

平気な顔して毎日生活してますがやっぱり曜日が進むにつれてどこかが、何かが
乾いてしまうみたいです。

そんな時にこの曲を聴くと、乾いてチョットだけ痛くなり始めてたところが
スウーっと軽くなるから不思議。

No music, No life とは言い得て妙な言葉ですなあ。



Bob Marleyの曲として大好きだったけど、Playing For Changeで聞いて

さらに好きになりましたよ。聞きながら油断してると涙がでてくるのは年のせいか? 

 

 

 


前の10件 | - 日々と音楽 ブログトップ
<スポンサー リンク>

<スポンサー リンク>



<スポンサー リンク>