So-net無料ブログ作成

雫。 [PHOTO]

どうも、wataです。

160531bg-01


昨日の夕方、雨上がり。ポタポタと落ちる雫が面白そうだったので狙ってみましたが。

でも難しい。そう簡単には撮れませんでした。

 

160531bg-02

 

次に蜘蛛の巣と雫を狙いましたが、ブレブレでほぼNG。

なんとか使えそうなのがこの一枚。手持ちだと歩留まり悪し。

精進と工夫が必要ですな。

 

(Nikon D90 + TAMRON 90mm)



ナスの木にキュウリはならない・・・か。 [日々雑感]

どうも、wataです。

160529bg-01

昨晩録画で、フルセットまでもつれこんだ錦織選手のフレンチオープンの

試合を見ていたときのこと。錦織選手がマッチポイントをむかえたときに、wataが思わず

「ふるえるぞ、ハート!」とつぶやいたとき、隣でいっしょに見ていた息子が

「燃えるつきるほどヒート!!」とちょっと喰い気味にかぶせてきました。

ご存知の方もいらっしゃるかもですが、これはwataが20代の頃、週間少年ジャンプで連載

されていた「ジョジョの奇妙な冒険」という漫画の初期の名場面で主人公である

ジョナサン・ジョースターが発するセリフです。

wata:「息子?! なんでこのフレーズ知ってんだ?」

息子:「BSでアニメ放送見てはまった。んで、お父さんの部屋の単行本読んだ。[猫]

だそうです。そう、wata部屋には第2部の12巻までが本棚に収まってるんです。

なんと、wataの持ってない13巻以降をお年玉やら小遣いやらで少しづつ買い足して

63巻まで(第5部まで)買いそろえたようですよ。

カメラが好きだったり、同じ漫画を読んだり。

ナスの木にはナスがなって、トンビはタカを生まなかったようです。

 



会社のPC・・・。 [PC・インターネット]

どうも、wataです。

160528bg-01

(Nikon D90 TAMRON 90mm)

 

久々の徹夜仕事がおわり客先訪問後、昨日はそのまま資料整理。

画像と数値データ、そしてテキスト混在の資料を作成したわけですが

会社支給の14incディスプレイ・ノートPCだとちょっとイライラ・・・。

自宅では19incのディスプレイをダブルでつないだ自作PC。会社のPCも処理速度は

そこそこなんですが、なんといっても画面の表示面積が狭くて困りました。

自宅だと、片側のディスプレイには資料や画像関係を表示して、もう片方で編集作業する

という環境に慣れちゃってるせいか、イライラがつのりましたよ。眠いのもありましたがね・・・。

ノマドブロガーさんの記事をよく読ませてもらってますがwataには無理そうです。

なにより、徹夜明けでの通し仕事に身体がついていかないオヤジでした。



朝帰り。 [日々雑感]

どうも、wataです。

160527bg-01

さっき帰宅しました。ええ、もうzipがはじまってましたね。

品質トラブルで久々の徹夜。ええ、完徹です。

風呂入って支度して客先直行です・・・。がんばるぞ。



ホワイトバランス・プリセット設定。 [カメラ・機材]

どうも、wataです。今日は前回記事の続編で、カメラ実機を使っての

シルクグレーカードによるホワイトバランス・プリセット設定を備忘録的に。

wata愛用コンデジのPanasonicのDMC-SZ10での手順はこんな感じ。

160524bg-01

まず撮影メニューから

続きを読む


シルクグレーカード。 [カメラ・機材]

どうも、wataです。最近、会社で物撮りすることが多く、こいつの出番が増えてるんですよ。

160522bg-02

シルクグレーカード(18%標準反射板)です。

160522bg-06

この大きさに切りとってカードケースに入れ、コンデジと一緒に持ち歩いてます。

続きを読む


万緑叢中紅一点。

どうも、wataです。

160521bg-04

埼玉県の真ん中辺り、実家近くの山々ですが。

新緑が力を増した多様な緑のグラデーションは、子供の頃から好きな光景。

そんな道ばたに

 

160521bg-03

ちょっと目を惹くピンク色。そばに寄って見てみれば

 

160521bg-01

 

160521bg-02

まさに万緑叢中紅一点。異彩を放つ桐の花。

桜、菊とともに日本を感じる花姿でした。

 

(Nikon D90 + TAMRON28-300) 



ネコもおどろくぞ。 [日々雑感]

どうも、 きい です。(おじぎ。)

160519bg-01

安倍さんていう総理大臣さんがおかしな事を言ったようで。

「私は立法府の長であります。」

 

160519bg-04

 

「えぇ!ニャンですと!!」・・・。ネコもおどろくこの発言。今月16日の衆院予算委員会での出来事らしい。

たしか人間の世界では、中学生の公民の授業で習う「三権分立」。

「立法府の長」は「衆参両議院議長」。安倍さん、あなたは「行政府の長」ですよね。

そのうち、「司法権の長」とか言い出さないでしょうね?

憲法の「解釈人」は三権分立もこのように「解釈」しちゃったんじゃないでしょうね?

 

160519bg-03

そのうち、ネコも顔を背けちゃいますよ・・・・。

 

と、夕べ きい の写真を撮りながら家族と話していたwataでした。

 



項羽と劉邦。 [読書]

どうも、wataです。

160517bg-01.jpg

今また読んでいる蔵書がこれ。項羽は始皇帝の秦によって滅ぼされた楚の国の貴族の末裔。劉邦は秦統治下の

沛県生まれの農民。家業が嫌で、よく言えば侠客、平たく言うとチンピラ暮らしをしていた劉邦が楚漢戦争で

項羽と覇を争い、百戦百敗の後ついに項羽を破り、中国を統一して漢を建国し初代皇帝となるという

史実を基にした、司馬遼太郎著作による歴史小説ですな。歴史年代的には紀元前206年が前漢の成立。

日本のこの頃は弥生時代。まだ文字文化が日本に無かった時代に、中国ではこんな壮大な物語があったのかと。

緻密な取材と調査によって書かれたであろう歴史小説ですが、そこにはやはり 「司馬遼太郎」 という作家の

意思も加わっているわけで、なによりそれが何度読んでもより面白く感じるスパイスなんだと思ってます。

項羽は自分一人でなんでもやっちゃうカリスマ経営者。劉邦は自分一人では何も出来ないけれど、周りの人間は

そんな劉邦を放っておけず有能な人間が自然と集まって機能的な集団が自然と形成されてしまう。

この対比が読んでて面白いんですよね。 初めて読んだ20代の頃は項羽のほうがカッコよく思えたんですが

何度も読むうちに劉邦の頼りなさが好きになってしまうから不思議。

今年になってから司馬遼太郎しか読んでいないことに今更気付いたオヤジでした。 

 



春が短くなってきたような。 [日々雑感]

どうも、wataです。今日は5月の真ん中15日です。

160515bg-02

青葉の様子が季節そのもので、さわやかな休日の朝でした。

午前中は少し雲が多めで、そう暑い陽気でもなかったけれどもどうでしょう、ここ数日は。

出勤時、すでに毎日半袖で家を出て、終日上着を羽織ることはありませんね。

学生の頃は6月1日が衣替えで、その日まではずっと学生服(学ラン)きてて平気な気候でしたが。

体感的に半月から一ヶ月季節が、というよりも春が短くなったのか、夏が来るのが早まったのか。

 

160515bg-01

 

この花畑の上でヒバリがホバリングしてにぎやかに鳴いている様は、まさに5月中旬なんですが。

体内の記憶と体感する気候の乖離を実感してしまう休日のオヤジ雑感でした。

 

(Nikon D90 + TAMRON28-300) 



<スポンサー リンク>

<スポンサー リンク>



<スポンサー リンク>